ハナ動物病院は、「飼い主さんの心にしっかりと寄り添えるような医療」を目指しております。

野良猫不妊手術(TNR)専門病院が開設しました!

 

2014年4月8日、ハナ動物病院の分院として、ハナ動物病院(以下、『本院』)の徒歩1分圏内に、野良猫の不妊去勢手術(TNR)を専門に行う施設を用意し、分院としてスタート致しました。

こちらで行っているのは、野良猫の不妊去勢手術のみで、連れてこられた猫に何らかの処置や治療が必要な場合には、本院と連携して対処しています。

日本における年間十数万匹という殺処分。多種多様な方々の尽力によりその数はじりじりと減少傾向にありますが、未だ『ゼロ』にはほど遠い状況です。そして無為に殺されてしまう命の大半を、幼い子猫達が占めており、毎日のように多くの命が簡単に失われています。このあまりにも悲惨な状況を改善するための方法としては、現時点では不妊去勢手術が最も効果をあげています。

分院開設により、小さな施設ではありますが、殺処分ゼロを1日でも早く実現するための場として、現場で奮闘しているボランティアさん達の助力となるようスタッフ一同力を尽くしてまいりますので、本院共々よろしくお願いいたします。

当院では子宮に異常がない場合を除き、原則として卵巣摘出術を実施しております。

手術後は当日のお返しになります。入院等はお受けしておりません。野良猫・地域猫の場合、ご自宅で様子を見て頂き、リリース(外に放すこと)するのは、翌日以降でお願い致します。

■開院日■

水・金・土・日の週4日間
9時~その日の手術が終わるまでが開院時間となります。

■ご予約方法■
事前予約が必須です!
捕獲してからの予約、は絶対に避けてください。
場合により、手術をお断りすることもあります。

保護猫と野良猫では、手術までの手順が異なります(下記参照)。


ご予約は、分院予約専用ダイアルにお電話いただくか、
 070-6425-8241

メールでも受け付けております。
 hana-tnr-only★willcom.com(★を@に変更してください)

※電話は留守電対応になっています。音声メッセージの後に、以下の必要事項を録音してください。確認次第、こちらからご連絡いたします(ご連絡が翌日になることもありますので、ご了承ください)。

※電話の録音は20件までとなっております。随時対応していきますが、もし録音が出来ない場合、確認の電話がない場合には、お手数ですが本院へお電話下さい(03-5913-8241)

★必要事項★(メールも同様です。雌雄が分かればそちらもお願いします)
 
① お名前(メールの場合は連絡のつく電話番号も)
② 保護猫か野良猫か
③ 予定頭数
④ 手術希望日(第3希望までお書きください)

(手術当日に頭数を増やすことはご遠慮下さい。捕獲出来なかったなどで、減ることは問題ありません。頭数追加については、前日までにご相談下さい)

★保護猫(保護して里親に出す場合)★

 ※ハナ動物病院では、保護猫(年齢問わず)に関して、ワクチン接種が2回済んでおり、最終接種日より2週間以上を経過していることが、手術への絶対条件となります。この条件を満たしていない場合には、原則手術をお受けすることが出来ません。
ただし、保護した時点で妊娠している、発情している、などの特別な場合には、ワクチン1回接種または未接種でもお受けする場合はあります。
詳しくはご相談ください。


 野外生活を送る野良猫と手術日が重なることも多く、保護猫と野良猫は待機場所を分け、処置ごとに十分な消毒も行っておりますが、ワクチン接種は感染症のリスクを可能な限り下げるための条件ですので、ご了承ください(手術は保護猫から先に実施しております)。

 手術後にリリース(元の場所に戻す)する猫(野良猫・地域猫)に関しては、手術と同時にワクチン接種を行います。

■手術前の絶食について■

※保護猫(4か月齢頃までの子猫)の場合
 子猫は成猫よりも長時間の絶食に耐えられないため、絶食時間は6時間以内(体重1kgあたりの子猫は、4時間)にしてください。手術は準備が整い次第10時頃から順次開始しますので、当日の早朝に食事をいつもより少なめ(出来ればウエットタイプのもの)に与えてください。また、来院時に最後に食事をした時間を教えてください。
 絶水をする必要はありません。

※野良猫の場合
 捕獲の際に少量の食事を与えても大丈夫です。
 絶水の必要はありません。

■搬入について■

 ご予約頂いた当日の9:30~11:30までに、猫の搬入をお願いします(前日搬入は受け付けておりません)。
 キャンセルや到着が12:00を過ぎる場合は、必ずご連絡下さい(上記電話もしくはメールにてメッセージを残して下さい)。キャンセル料は発生いたしません。

保護猫の搬入は9時~9時半の間にお願いしています。

※猫は、捕獲器もしくはハードタイプのキャリーバッグ(布製は不可)などに入れて連れてきてください。段ボール箱、洗濯ネットのみという状態は、猫が飛び出す危険があるため、絶対に避けてください。また、キャリーに同時に入れる頭数は2匹まででお願いします。

※捕獲器には必ず外側にもペットシーツを敷き(新聞紙のみは不可)、排泄物が外に漏れるのを防いでください。また全体を新聞紙や大きめのタオルなどで覆って、猫から外が見えないようにしてあげてください。

 基本的には搬入順に手術を行いますが、複数頭の場合には、1頭だけの方を先に行うこともありますので、ご了承下さい。手術が終わりましたら、こちらからご連絡いたします。頭数によっては、ご連絡が遅くなることもありますので、ご了承下さい(20時を過ぎることもあります)。

■料金■

ここに提示する料金の対象となるのは、以下の猫達です。

・野良猫・地域猫
・里親募集中の猫
・里親が決まっているが、支払いは保護主が行う猫


※※注意※※

 出身が野良猫であっても、飼い主がいる、自ら終生飼育する、という猫は『飼い猫』となり、保護・野良猫料金の対象外となります。
 多頭飼育の場合には、ご相談ください。


以下、すべて税抜き価格です。

手術代:
オス 2000円
メス 3000円(妊娠猫でも同料金です)

3種ワクチン(未接種の場合は必須)
 生ワクチン 1000円
 不活化ワクチン 1500円
 (上記2種については、手術時の個体の状況を確認して、こちらで選択いたします)

ウイルス検査(FIV/FeLV):2500円

マイクロチップ:1000円
 
 ※ノミ駆除薬・耳カット(V字カット。オスは右、メスは左に行います)は無料です。
 ※外に出る子は、耳カット処置を絶対条件とさせて頂きます。

■ボランティア獣医師及び獣医学生・動物看護学生募集中!!■

 分院では、現在ボランティアでTNR手術の補助をしてくださる上記職種の方を募集しています。空いている時間を少しだけ、ご提供いただけませんか?まずは見学からでも構いませんので、お気軽に本院へご連絡下さい(ハナ動物病院・本院:03-5913-8241)。